債務整理と自己破産

自分が借金をしたわけではなくても保証人になったがために多額の借金を背負わされることもあります。詐欺に遭って借金ができることもあります。交通事故の加害者となり慰謝料や治療費を払うために借金をすることもあるでしょう。会社経営に失敗して倒産し、借金だけが残ってしまったという話もよく聞きます。

このように色んな事情で多額の借金ができた場合、支払いが困難になる場合もあります。

借金問題は深刻な問題となることがあります。
精神的に追い詰められて自殺する人も少なくはありません。

借金問題で困った時はすぐに弁護士や司法書士に相談して、債務整理の手続きを行いましょう。任意整理や特定調停、個人再生や自己破産などの手続きを行うことで負担を軽くすることができます。

自己破産は、病む負えない理由で収入が少なく、債務額が多すぎて返済が不可能な場合、債務整理の最終手段として解決する方法となります。