自己破産と連帯保証人

連帯保証人というのは、債務者が借金を返済できなくなったときにはその全ての責任を債務者の代わりに負わなければならず、どんなに多額の借金であっても債権者に返済を求められた場合には全額返済していかないといけないという立場なのです。

ですので、債務者が自己破産をするということは、残りの債務については今後は連帯保証人の方に返済義務が移ることになります。

そのため、迷惑をかけずに自己破産をする方法というのは無いと言っても良いでしょう。

債務者の方だけでなく、連帯保証人の方も一緒に自己破産をして免責にしてもらうということしか今後の債務についての解決策が無いという場合も多々あります。